手帳
 
エレフェス
 
選挙手帳
 
きのくに
 
オランダ
 

古賀 要花

Iruka Koga / 津田塾大学 総合政策学部

Philosophy

自分で自分の人生を切り拓く人を増やす

Concept

若年者の自己決定

Contents

コミュニケーションデザインを通した人々の行動変容

Program

・手帳の研究・エレフェス・選挙手帳・オランダ・きのくに・すずかん先生の秘書インターン・Habitat for Humanity ・区議会委員の政策秘書・活動のタネになるもの探し

向き合っている課題

手帳

「人生のセルフデザインのツール」として手帳に注目しています。手帳は、私たちをアクティブにします。どうして私たちは、手帳によって習慣や価値観を変えることができるのでしょうか。この"なぜ”を探るため、まず「母子手帳」「方眼ノート」の研究をします。

エレフェス

18歳選挙権の引き下げによって、若者が社会や自分について考える機会が増えると考えました。そのため、同世代に政治に興味を持ってもらうための活動をしています。エレフェスの由来は、election(選挙)とfestival(祭り)です。地元岡山の中四国最大のイオンモールのイベントスペースを個人で初めて借り2000人を巻き込むイベントを成功させました。現在は、低年齢の子ども向けの主権者教育等も提案中です。

選挙手帳

私が代表を務める団体の活動の中で選挙手帳を開発しました。これは選挙の記録をつける手帳です。この手帳は主権者教育のツールにもなるようになっています。この手帳を製作するにあたり資金集めをし、初版1000部作り配布しました。各種メディアや東京都議会で取り上げられました。夢は、18歳になったら誰でももらえる手帳にすることです!

きのくに

小学2年生の3学期から地元を離れ和歌山県にある私立の学校「きのくに子どもの村学園」に転校しました。ここでは、子どもが自ら考え行動し自治を行います。昔から人間の行動変容に興味があった私は、「教育」によって人の行動変容が起こるのだと確信し、中学3年生の頃から活動をはじめました。ここで育ったからこそ、今の私があります。

オランダ

教育に興味をもち活動を行なっている中で、オランダの教育に魅了されました。そのため、私は何度もオランダを訪れ学校視察を行なっています。オランダの教育を日本に伝えているリヒテルズ直子氏に抜擢されシンポジウムで登壇したこともあります。

あなたにオススメの他のゼミ生

経営
投資
資本主義
ファイナンス
政策

三上 洋一郎

慶應義塾大学 総合政策学部

事業体の経営とは当該事業体の成長を最大化させる行為であり、中長期的な社会的価値を最大化させることにあります。価値の創造を...

挑戦
熟議民主主義
海外進出

高橋 侑也

慶應義塾大学 総合政策学部

地域の経営者の右腕として、不確実性を出来る限りクリアにしながら海外に足を踏み出すことで見える世界のイメージを共有すること...

人間
宇宙(時空間)
未来からの留学生
散歩

大橋将太郎

慶應義塾大学 環境情報学部

人間が人物に擬態する「演技」というアプローチを扱って、人間の存在と当為、すべての価値観にたいして破壊と創造を試みる。...

VC
スタートアップ

上杉 修平

慶應義塾大学 総合政策学部

生まれて間もないベンチャー企業に投資を行う、ベンチャーキャピタルという仕事をしています。...

アフリカ
アフリバ邸
ドローン

あべま

慶應義塾大学 総合政策学部

高2のときに初めて行ったアフリカにハマった。大学入学後に1年間現地に赴き、ドローン事業の立ち上げに関わってきた。...

実験

山﨑 紀奈里

慶應義塾大学 環境情報学部

子どもの成長環境に関わる中で、効果をどのように評価するのかという問題はつきものであるように感じます。またそもそも評価する...

Copyright © 2017 Kan Suzuki Laboratory, All Rights Reserved.