平和構築・紛争予防
 
ピース・コミュニケーション
 
内閣府SWY
 
リーダーシップ論
 
エンタメ×社会課題解決
 

端山 響

Hayama Kyo / 東京外国語大学 国際社会学部

Philosophy

Long for peace communication, make people feel life is a tragedy when seen in close-up, but a comedy in long-shot.

Concept

Stay Hungry Stay Foolish

Contents

生活者がいつもより「ちょっと」でも面白く感じる仕組み作り

Program

コミュニケーション領域(広告・ジャーナリズム)の研究 リーダーシップ論 エンタメ×社会課題解決 内閣府swy

向き合っている課題

平和構築・紛争予防

東京外国語大学で「紛争解決請負人」として活躍された伊勢崎賢治先生の元で学んでいる。主にアラブの春やISのプロパガンダ、メディアの戦争と呼ばれるイラク戦争などの事例を通してジャーナリズムの視点から研究を行なっている。また「平和」のデザインを目指すピースコミュニケーションの活動にも取り組もうとしている。

ピース・コミュニケーション

コミュニケーション学(ジャーナリズムやメディア、広告)の視点を平和構築の活動に活かすプロジェクト。広告を利用したピースアドなど現在企画中。また、クリエイティブ・ブテックでの長期インターンや電博での短期のインターンにも参加して微力ながらノウハウを蓄積している。

内閣府SWY

内閣府次世代グローバルリーダー育成事業世界青年の船に大学1年次に参加した。準備期間半年、プログラムは2ヶ月という長期の活動。世界数十カ国にネットワークがあり、そこのリソースを活かしてソーシャル・プロデュースの企画を構想中。

リーダーシップ論

小中高と12年間、学級委員・部活動の主将を務めてきた経験から、組織の中心でどうすればチームの良さをより引き出すことができるかを勉強中。慶應大学の小杉俊哉研究会で1年間小杉先生からもアカデミックや実践の視点で学んだ。

エンタメ×社会課題解決

6人に1人の子供の貧困という問題を研究した。特に児童養護施設などに入居する子供たちの心の居場所が不足している現状を見つけた。社会問題解決とエンタメを組み合わせて居場所を作ろういと「聖なる夜の漫才教室」というイベントを企画。施設の子供とお笑い活動に取り組む大学生で一緒にクリスマスに漫才を作るというものだ。

あなたにオススメの他のゼミ生

女子スポーツ×環境
可能性
日本代表

鈴木紗理

慶應義塾大学 総合政策学部

女子サッカー選手が将来に不安を抱えるのではなく、目標に向かって前向きに、かつ力強く目指せる環境づくり。リーグ体制から練習...

VC
スタートアップ

上杉 修平

慶應義塾大学 総合政策学部

生まれて間もないベンチャー企業に投資を行う、ベンチャーキャピタルという仕事をしています。...

最高!のしぇあはぴ
言葉紡ぎ
タピオカ

賀川 ありさ

慶應義塾大学 環境情報学部

私の人生におけるターニングポイントをつくってくれたもの、価値観を変えてくれたもの、どうしようもないくらい愛したものの素晴...

人間
宇宙(時空間)
未来からの留学生
散歩

大橋将太郎

慶應義塾大学 環境情報学部

人間が人物に擬態する「演技」というアプローチを扱って、人間の存在と当為、すべての価値観にたいして破壊と創造を試みる。...

ペイ・フォワード
AO義塾
関係性の貧困
自他共栄・自他共愛・自他合一

駒津 慧

慶應義塾大学 総合政策学部

あらゆる人々が、自分を愛し、他者を愛することができる社会の実現。【自愛】自己肯定感や自己効力感を持ち、主体的に行動する。...

感情
美しい
唯一無二の表現
正解のない世界

安次嶺希和子

慶應義塾大学 総合政策学部

感情がなくては表現もできない。時に捨てたくなるほどに憎いものでもありますが、私にとってはなくてはならないものです。...

Copyright © 2017 Kan Suzuki Laboratory, All Rights Reserved.