実験
 

山﨑 紀奈里

Kinari Yamasaki / 慶應義塾大学 環境情報学部

Philosophy

社会で当たり前になっている問題に取り組む

Concept

誰もがチェンジメーカーである社会を作る

Contents

子どもの成長環境に関わる

Program

企業向け育児プログラムの作成・保育士との玩具作成・商業施設での子ども向けワークショップ作成の参画

向き合っている課題

実験

子どもの成長環境に関わる中で、効果をどのように評価するのかという問題はつきものであるように感じます。またそもそも評価するべきなのかという問いも切っても切れません。この問いに対してまだ自分の強い解はありませんが、全ての活動の中で実験思考を持って活動しています。

あなたにオススメの他のゼミ生

アフリカ
アフリバ邸
ドローン

あべま

慶應義塾大学 総合政策学部

高2のときに初めて行ったアフリカにハマった。大学入学後に1年間現地に赴き、ドローン事業の立ち上げに関わってきた。...

最高!のしぇあはぴ
言葉紡ぎ
タピオカ

賀川 ありさ

慶應義塾大学 環境情報学部

私の人生におけるターニングポイントをつくってくれたもの、価値観を変えてくれたもの、どうしようもないくらい愛したものの素晴...

感情
美しい
唯一無二の表現
正解のない世界

安次嶺希和子

慶應義塾大学 総合政策学部

感情がなくては表現もできない。時に捨てたくなるほどに憎いものでもありますが、私にとってはなくてはならないものです。...

ソーシャルビジネス
チョコレート工場
顔が見える農家
ちょこっと地球の反対側を想う

田口 愛

国際基督教大学 教養学部

常に地球規模で考え、誰も排除されない世界を目指しています。利益の大半を村全体にお金ではない形で還元し、今の豊かさを活かし...

Tiktok
バズ

田中 大雅

慶應義塾大学 環境情報学部

昔よりも映画を2時間見続けることの心理的疲労が増えているように感じませんか?1時間のテレビ番組よりもYoutubeの10...

ハーモニー
親子愛

中島 颯介

慶應義塾大学 総合政策学部

"私が目指している世界で、以下の3つの確率がハーモニーの定義です。 ①心理的安全性 ②目標が統一され、それに向かって...

Copyright © 2017 Kan Suzuki Laboratory, All Rights Reserved.