Kitazawa One
 
アフリカ(ベナン共和国)
 
ドローン
 
ドローンパン屋
 

あべま

Masaki ABE / 慶應義塾大学 総合政策学部

Philosophy

点ではなく面での人間開発

Concept

Africa by Africans、日本とアフリカの架け橋、刺激的で居心地の良いコミュニティーを生み出し続ける

Contents

あしなが育英会、シェアハウス、ドローン研究

Program

Kitazawa One, ドローンパン屋, あべのり

向き合っている課題

Kitazawa One

東京・下北沢にあるシェアハウス。人種・国籍に関係なくお互いのルーツや文化を尊重する仲間と共に、成長し合い、生活の中で互いから学び合う場を作っている。

アフリカ(ベナン共和国)

高2のときにホームステイしたアフリカにハマった。大学入学後に1年間現地に赴き、ドローン事業の立ち上げに関わってきた。

ドローン

初めて行ったアフリカで驚いたのがテクノロジーの普及する速度、電子決済やドローン輸送が社会インフラとして普及していた。自分自身もその分野で貢献したくてドローンを始めた。

ドローンパン屋

あべまの両親が埼玉県でパン屋を営んでいて、ドローンでパンが運ばれてくる「ドローンパン屋」をできたらなと計画中。アフリカでのドローン実務の経験を生かして、より多くの人に届けられるようにと言う想いがきっかけにある。

あなたにオススメの他のゼミ生

Educhance
教育
デザイン

三反田 祥哉

慶應義塾大学 環境情報学部

様々な変わった教育を変わった学校に行っていた在校生、卒業生を通して紹介するメディア。コンセプトは「皆が自分に合った教育を...

ありのまま
プリンセス
#飲み会

ふなこしはじめ

慶應義塾大学 環境情報学部

愛されることって本当に嬉しいことだし、幸せなことだけど、それを知らないと人を傷つけたくなってしまったり誰かに気持ちをぶつ...

人間
宇宙(時空間)
未来からの留学生
散歩

大橋将太郎

慶應義塾大学 環境情報学部

人間が人物に擬態する「演技」というアプローチを扱って、人間の存在と当為、すべての価値観にたいして破壊と創造を試みる。...

大麻
規制産業の開発
歴史
終末期医療
過労死

藤田 嘉仁

慶應義塾大学 総合政策学部

医療用の解禁を行えば、終末期医療の場において多くの患者が病と戦いながらも楽に生きることができる。娯楽用とすればChill...

ハーモニー
親子愛

中島 颯介

慶應義塾大学 総合政策学部

"私が目指している世界で、以下の3つの確率がハーモニーの定義です。 ①心理的安全性 ②目標が統一され、それに向かって...

パンツ起業
二郎ラーメン

高山泰歌

慶應義塾大学 環境情報学部

メンズの下着のパンツで起業しました。人肌と最も近い衣類である下着だからこそ、人々の生活や気持に大きなに影響を与えられると...

Copyright © 2017 Kan Suzuki Laboratory, All Rights Reserved.