通信制大学
 
猪突猛進
 
Tennis player
 

小池 美月

MIzuki Koike / 慶應義塾大学 文学部

Philosophy

可能性の冒険

Concept

多角的側面から攻める

Contents

自己プロデュース、通信制教育の多様化

Program

プロ選手活動、コレポン

向き合っている課題

通信制大学

教育的機会不平等を助けるのはオンライン教育だと思う。経済的、地理的にハンデがあってもオンライン上の情報は平等だから。それゆえ時間を自分でデザインすることができ、より自分らしい生き方を追求できる。 多様な生き方を追求する現代において、通信制大学が一つの当たり前の選択肢として広めていきたい。

猪突猛進

何か活動やプロジェクトを起こす時に大切にしていること。何も考えずにつっこめば良いということではないが、目紛しい時代の変化の中で勢いよく進むことも大事であると思う。自分の行動力の原点となっている言葉。

Tennis player

テニスを始めて10年。選手活動をする中で多くの困難と立ち向かった。その中で1番強く思うことがある。それは 「ただのテニス選手にはなりたくない。」 小さな枠の中だけでなく、社会という枠組みの中で生きるということを認識し、社会課題を同時に考える人になりたい。

あなたにオススメの他のゼミ生

One Nova
パンツ作り
のばさん

金丸 百合花

慶應義塾大学 総合政策学部

「透明性」を大切にしているインナーウェアブランド、One Nova(ワンノバ)です。...

多文化
表現
あたりまえに問う

へじん

慶應義塾大学 総合政策学部

人が持つ様々な属性は、結局外側の部分。本当のその「人」は、属性から成るのではなく、ただ唯一の個を持つ。それをお互いが尊重...

ゴルフ
4つの人を大切にする
人生の後輩の為に

大島 巧

慶應義塾大学 経済学部

大自然の中で老若男女問わずプレーでき、これほどまでに奥が深く、非日常を味わえるスポーツはないだろう。...

手帳
エレフェス
選挙手帳
きのくに
オランダ

古賀 要花

津田塾大学 総合政策学部

「人生のセルフデザインのツール」として手帳に注目しています。手帳は、私たちをアクティブにします。どうして私たちは、手帳に...

ピカブル
コミュニケーション
若者
ベンチャー

taji

慶應義塾大学 総合政策学部

自分が開発しているピカブルであり、所属している会社名である。...

モビリティ
シェアリングエコノミー
電動キックボード
まちづくり

中根 泰希

慶應義塾大学 総合政策学部

電動キックボード、電動アシスト自転車を用いた事業を運営しております。...

Copyright © 2017 Kan Suzuki Laboratory, All Rights Reserved.