性教育
 
インクルーシブネス
 
ジェンダー
 

中島 梨乃

Rino Nakashima / 慶應義塾大学 総合政策学部

Philosophy

選択肢がある

Concept

全員にとって生きやすい社会にする

Contents

性教育、ジェンダー

Program

大学に生理用品を置く活動、大学の性暴力をなくす運動、アフターピルの市販化、SNSでの性教育に関する発信

向き合っている課題

性教育

性教育は全員に関係のあるもの。そして自分を大切にするため、周りの人を傷つけないための具体的な方法を学べるもの。

インクルーシブネス

国籍、言語、人種、年齢、性別、障がいの有無に関わらず全ての人が生きやすい社会へ。

ジェンダー

全員にとって生きやすい社会をつくるために、自分の経験や持っている性の知識を使ってジェンダー分野からのアプローチをしていく。

あなたにオススメの他のゼミ生

子ども
ベビーシッター
食卓に愛はある

蔦 美梨紗

慶應義塾大学 総合政策学部

料理教室...

beauty
health
diversity
感謝

チャーチル・ノエル・アリスティド

慶應義塾大学 環境情報学部

食を通して実現する、内側から湧き出るエネルギー...

スタートアップ
eスポーツ

荒木稜介

慶應義塾大学 総合政策学部

既存の産業構造に囚われず、独自の枠組み作りによって社会に付加価値をもたらすベンチャー企業のこと。...

超える
悩む
遊ぶ

原田圭

慶應義塾大学 経済学部

最適化された未来を超える...

物語

中村 壮吾

慶應義塾大学 経済学部

小説という表現ではなく、人がウキウキする。ワクワクする。そういったものは、小説でもなく物語だと考える。...

経営
投資
資本主義
ファイナンス
政策

三上 洋一郎

慶應義塾大学 総合政策学部

事業体の経営とは当該事業体の成長を最大化させる行為であり、中長期的な社会的価値を最大化させることにあります。価値の創造を...

Copyright © 2017 Kan Suzuki Laboratory, All Rights Reserved.