グラフィックデザイン
 
お笑いライブ
 

オオカワラ チェリー

Sakura Okawara / 慶應義塾大学 環境情報学部

Philosophy

「おもしろい」を探求し表現できるひと増やす

Concept

ひとやものの「らしさ」をカタチにする

Contents

主にお笑い関係のグラフィック、アーティストのプロデュース支援。

Program

映像制作団体アットランドでデザイナー。各プロジェクトのロゴデザインや資料のデザインなど。

向き合っている課題

グラフィックデザイン

あらゆる情報は、色と形と書体で編集し直すことで、より多くのひとの目に留まり、その人々の行動を変えることができる。それは、1枚のチラシかもしれないし、ツイッターの画像かもしれないけれど。わたしのつくったもので、誰かの気持ちを動かし、行動をおこすことができると考えると、ワクワクして仕方ない。そんなグラフィックデザインのもつ力は、今まで多くのひとやものへわたしを導いてくれた。

お笑いライブ

何にも定義されないお笑いが好きだ。その芸人さんの「おもしろい」を表現し、私たちはそれを受け取り腹を抱えて笑っている。気づいたら昨日あった嫌なことだって忘れている。一挙に集まった初対面の観客が、芸人さんを介して「笑い声」で一体感に包まれる劇場の雰囲気が好きで好きで仕方ない。その光景を守り続けたいと強く思う。

あなたにオススメの他のゼミ生

人材育成
オペラ・演劇
エンジニアリングとデザイン

張 惺

慶應義塾大学 環境情報学部

企業向けのマネジメント人材育成プログラムを開発・提供するスタートアップをやっています。人の成長に再現性を持たせることを目...

インクルーシブデザイン
AI×UX
スペキュラティブデザイン
ストーリー消費

柿嶋 夏海

慶應義塾大学 環境情報学部

メインストリームに当てはまらないニーズを持つ人(障害者や高齢者など)をデザインプロセスの上流から巻き込み、使い手と作り手...

楽しいは人間の使える魔法
野望
未知なモノづくり

堀内 陸

慶應義塾大学 環境情報学部

「楽しい」は人間が使える魔法だと思います。 楽しむという魔法を使えるならば、疲れも感じず、時は早く経ち、新しい事への恐怖...

ジョルジュ・バタイユ
宇宙船ユーフォ

登阪 亮哉

東京大学 教育学部

僕が傾倒する、フランスの哲学者です。好きすぎて形容に困ります。...

ブロックチェーン

杉田 翔栄

慶應義塾大学 法学部

"ブロックチェーン(英語: Blockchain、ブロックチェインとも)とは、分散型台帳技術または分散型ネットワークであ...

性教育
インクルーシブネス
ジェンダー

中島 梨乃

慶應義塾大学 総合政策学部

性教育は全員に関係のあるもの。そして自分を大切にするため、周りの人を傷つけないための具体的な方法を学べるもの。...

Copyright © 2017 Kan Suzuki Laboratory, All Rights Reserved.