Educhance
 
教育
 
デザイン
 

三反田 祥哉

Shoya Santanda / 慶應義塾大学 環境情報学部

Philosophy

アダプテーション

Concept

皆んなのポテンシャルの最大化

Contents

皆んなが自分に合った教育を選べる社会へ

Program

Educhance

向き合っている課題

Educhance

様々な変わった教育を変わった学校に行っていた在校生、卒業生を通して紹介するメディア。コンセプトは「皆が自分に合った教育を選べる社会へ」

教育

これまでの工業社会、そして現在の情報社会、これからの創造社会という移り変わりがある中で今までの画一的な人材を生む教育よりも個人それぞれに合ったパーソナライズ化された教育が必要となってくる。その中で自分に合った教育を受けていないというだけでポテンシャルを潰してしまっている現状がもったいないと感じ、Educhanceを始めようと思った。

デザイン

Raymond Loewyは「Design is too important to be left to designers」と言った。デザインはデザイナーだけに任せるには重要すぎるという意味だ。そしてデザインはスキルというよりは「姿勢」だと考える。そしてデザインは自分のやりたい事、伝えたい事をいかにわかりやすく伝える事が重要であるため、私はデザインという「姿勢」を大切にしたい。

あなたにオススメの他のゼミ生

実験

山﨑 紀奈里

慶應義塾大学 環境情報学部

子どもの成長環境に関わる中で、効果をどのように評価するのかという問題はつきものであるように感じます。またそもそも評価する...

視覚情報

志村 敢人

慶應義塾大学 総合政策学部

視覚を用いて見る情報...

VC
スタートアップ

上杉 修平

慶應義塾大学 総合政策学部

生まれて間もないベンチャー企業に投資を行う、ベンチャーキャピタルという仕事をしています。...

ブロックチェーン

杉田 翔栄

慶應義塾大学 法学部

"ブロックチェーン(英語: Blockchain、ブロックチェインとも)とは、分散型台帳技術または分散型ネットワークであ...

地域生活定着支援
BeU
刑事政策
論理と感性
旅人

林 利遥

慶應義塾大学 法学部法律学科

ヒトは誰でも、ひとりで生きていくことはできません。今ある家族や友人などの人間関係が全部なくなったら、誰もが絶望するはず。...

Tiktok
バズ

田中 大雅

慶應義塾大学 環境情報学部

昔よりも映画を2時間見続けることの心理的疲労が増えているように感じませんか?1時間のテレビ番組よりもYoutubeの10...

Copyright © 2017 Kan Suzuki Laboratory, All Rights Reserved.